INSOUと守安但とそのビジネスについて

INSOUといえば飲食ビジネスの総合企業として知られ、守安但氏はそこで代表取締役社長として飲食業界を担うスペシャリストとして活躍されています。

飲食ビジネスの川上から川下までを手掛けられるようグローバル事業の拡大に力を入れており、INSOUのブランド力の向上を目指しています。

また社会貢献のひとつとしてホワイトリボン運動の支援活動に積極的に参加しており、会社の商品であるミネラルウォーターの売り上げの一部を寄付しています。

このように飲食ビジネスを展開していくなかで、社会貢献にも積極的に力を注いでいくことでINSOUが人々の生活の助けとなり、不可欠な存在になりえるのだと守安但氏は考えています。

社長の守安但氏は1995年にINSOUの前身であるレジャックスという会社を設立しました。資本金1億からはじまった会社は2009年時には273億という大幅な好成長をみせ、そして現在のINSOUに名前を変え成長を続けています。

このように守安但氏は飲食ビジネスにおいて他にはないカリスマ性を持ち、世界を目指せる力を持つ一人なのです。詳細はこちらからどうぞ



最近の記事

カテゴリー